オデッセイハイブリッドに搭載されているエンジンは?

ハイブリッド車開発においては、ホンダはトヨタに遅れをとりました。
しかし、その後は怒涛の追い上げを見せ・・・

現在では4種類の異なったシステムを揃えるに至りました。

一般ユーザーに最も認知されているのがフィットやヴェゼルに搭載されているi-DCDですね。
i-dcdエンジン.png
これは7速デュアルクラッチトランスミッションと1モーターを組み合わせたシステム。

特徴としては、


ガソリンエンジン搭載車のような歯切れの良い変速を楽しめる点ですね。

一方、オデッセイハイブリッドに搭載されているのは2013年にデビューしたアコードハイブリッドに搭載されたハイブリッドシステムと同じi-MMD(intelligent Multi Mode Drive)。

i-MMD.jpg

マルチモードと名のとおり走行状態に応じて以下の3種類のモードに自動的に切り替わります。

1.EVドライブモード・・・バッテリーに充電された電力を使ってモーターで走る。
2.ハイブリッドドライブモード・・・エンジンで発電した電力を使ってモーターで走行。
3.エンジンドライブモード・・・エンジンで直接前輪を駆動して走行


ちなみに、オデッセイハイブリッドに搭載のi-MMDはアコードと全く同じというわけでなく、基本構成以外はエンジンやモーターの仕様を進化させており・・・エンジンヘッド周りのカバー、PCUのサイズをコンパクトにすることで軽量化も図られています。

posted by オデッセイハイブリッドどうなの at 13:02 | オデッセイハイブリッド メカニズム


オデッセイハイブリッド標準車の乗り心地

オデッセイハイブリッドのグレード