Lクラスミニバンのハイブリッド革命を起こすオデッセイハイブリッド

ハイブリッド車は今や様々なカテゴリーの車に勢力を拡大しています。
ところが、すべてのカテゴリーの中で最もハイブリッド化が遅れているのがLクラスローハイト系ミニバンです。


トヨタが2001年に投入したエスティマにハイブリッドを搭載させてから、競合は不在だったのです。
エスティマハイブリッド.jpg
だからなのでしょうか・・


エスティマハイブリッドが06年にデビューしてからモデルチェンジを行うことなく、10年が経過します。

そんな状況は1台のクルマがデビューすることによってかなり一変しそうです。
それがオデッセイハイブリッド。

Lクラスミニバン離れしたその圧倒的な燃費と、鋭い加速感を楽しめるので、
すべてにおいて凌駕する性能を持っていますからね。

このクラスのハイブリッド車の競争が加速しそうですね。
posted by オデッセイハイブリッドどうなの at 12:44 | オデッセイハイブリッド メカニズム


オデッセイハイブリッド標準車の乗り心地

オデッセイハイブリッドのグレード